注意事項

<車両規定>
○消音効果のあるマフラー・サイレンサーを装着する。
○直管ストレート構造のマフラー装着者の走行は禁止。
○オイル・水漏れがないようにしっかり整備してくる。
○オープンカー等ルーフに強度がない車両はロールバー装着が望ましい。
<走行時の服装>
○ヘルメット(半帽・工事用はダメ。ジェットは可。あご紐をしっかりする。)
○グローブ(指先が出ているもの・スキー用等もダメ。レーシンググローブが望ましい。)
○長袖・長ズボン(つなぎでも可。レーシングスーツが望ましい。)
○運動靴(サンダルは不可。レーシングシューズが望ましい。)
○シートベルト(3点式以上のものを装着する。)

<フラッグ説明>
オレンジ色の円形のある黒旗
(オレンジボール)
提示を受けた車両への注意があります。
(ボンネットが閉まっていない、バンパーが落ちそう・・・など)
スタッフの指差しでドライバーにお知らせします。
次の周回で必ずピットレーンに戻りスタッフの指示を受けてください。
オイル漏れ等、走行の継続が不可能な場合はその場でエスケープゾーンへの停止を指示します。
黒旗 提示を受けたドライバーへの注意があります。
(ドライバーの腕まくりや窓が開いているなど)
スタッフの指差しでドライバーにお知らせします。
急に減速する必要はありませんが ピットレーンに戻りスタッフの指示を受けてください。
赤旗 走行の中断を意味します。
ドライバーは速度を落とし (急ブレーキは危険)ハザードを点灯し ピットレーンに 戻ってください。
追い越し禁止 再開の状況は放送でお知らせしますので そのまま待機してください。
黄旗 この先のコース上、コース脇に危険箇所あり
ドライバーは速度を落とし (急ブレーキは危険) 危険を回避する準備をしてください。
その後のグリーンシグナルまたは緑旗までの区間は追い越し禁止
緑旗 コースがクリアになった状態を意味します。
通常通りの走行をして大丈夫です。
チェッカー旗 走行終了 (^・^)
確認後ハザードを点灯し、コースを1周してパドックに戻ってください。
追い越し禁止




HOME